スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小沢氏会見 会場で配布された資料「経緯の説明」全文(産経新聞)

 民主党の小沢一郎幹事長は23日夜、自身の資金管理団体「陸山会」の土地購入をめぐる政治資金規正法違反事件で、「陸山会への貸し付け等に関する経緯の説明」と題する文書を報道各社に発表した。この中で、「(自身の資金管理団体による不動産購入の原資となった)4億円の一部は建設会社からの裏献金であるやの報道がなされておりますが、事実無根です」と説明した。

  [フォト]小沢氏の会見場入り口が騒然

 発表文書の全文は以下の通り。

 本日は、午後2時ごろより午後6時30分ころまで、東京地検特捜部の要請を受けて事情説明をいたしました。

 今までは、検察官への説明前の段階だったので、発言は差し控えておりましたが、この機会に、新聞・テレビ等で報道されております陸山会の不動産購入と、これに関する資金の流れ等についてご説明いたします。

【陸山会に4億円を貸し付けた経緯】

 秘書の数も増え、妻帯者も増えたので、事務所兼用の住居を提供したいと思っていたところ、秘書が本件土地を見つけてきて、これはいいのではないかということになりました。それで、秘書に不動産業者にあたらせたところ、土地売買代金額が金3億4000万円余りと決まりました。

 そこで、この土地を購入することになりましたが、当時陸山会の経理を担当していた秘書から各政治団体の資金をかき集めればなんとかなるが、そうすると各政治団体の活動費がほとんどなくなってしまうので、私に何とか資金調達できないかと言ってきました。

 そこで、私は自分個人の資産の4億円を一時的に陸山会に貸し付けることとしたのです。

【平成16年10月に私が陸山会に貸し付けた4億円の原資について】

 (1)昭和60年に湯島の自宅を売却して、深沢の自宅の土地を購入し建物を建てた際、税引き後残った約2億円を積み立てておいた銀行口座から平成元年11月に引き出した資金2億円

 (2)平成9年12月に銀行の私の家族名義の口座から引き出した資金3億円

 (3)平成14年4月に銀行の私の家族名義の口座から引き出した資金6000万円を東京都港区元赤坂の事務所の金庫にて保管していました。平成16年10月には、同金庫に4億数千万円残っており、うち4億円を陸山会に貸し付けました。

 4億円の一部は建設会社からの裏献金であるやの報道がなされておりますが、事実無根です。私は不正な裏金など一切もらっておりませんし、私の事務所の者ももらっていないと確信しています。

【4億円の銀行口座への入金や売買代金支払いへの関与について】

 全て担当秘書が行っており、私は、全く関与していないので、具体的な処理については分かりません。

【所有権移転日を平成17年にした理由について】

 そのことについては何の相談も受けておりません。

 購入資金は自分で出しており隠し立てする必要はないし、また所有権移転日を翌年にすることに政治的にも何のメリットもないので、何故翌年にしたのか私には分かりません。

【売買代金支払い後に定期預金を組んで預金担保に借り入れをした理由について】

 具体的な事務処理については、私は関与していないので分かりません。

【銀行から融資を受ける際に個人が借り入れ、陸山会に貸し付けた理由】

 これについても私は関与していないので分かりません。

 ただし、以前に陸山会が不動産を購入した際にも金融機関から個人での借入を要請されたこともあったので、担当秘書から銀行の書類に署名するように頼まれ、そういう理由からと思って署名したことはあります。

【収支報告書の記載について】

 私は、本件不動産に関する収支報告書の記載については全く把握していませんでした。また、収支報告書の記載内容について、相談されたり、報告を受けたこともありません。

【収支報告書の内容の確認について】

 常々、担当秘書には、政治団体の収支についてはきちんと管理し、報告するように言っていましたが、実際に私自身が帳簿や収支報告書を見たことはありません。担当秘書を信頼し、実務については一切任せておりました。

 担当秘書から、各政治団体ごとの収入支出と残高などの概要について報告を受けることはありましたが、収支報告書の内容を一つ一つ確認したことはありません。

(以上)

【関連記事】
小沢氏が記者会見「裏献金は一切受け取っていない」
会見詳報(1)「検察官の質問に素直に答えた」
鳩山首相「小沢氏の潔白信じたい」
小沢氏聴取 自民・大島幹事長が「お好み焼き」挑戦
「小沢氏は事実上の被疑者」共産党・市田書記局長

<振り込め詐欺>日中混成グループが暗躍 警官名名乗り(毎日新聞)
文民統制を強化へ、防衛省改革で検討チーム(読売新聞)
自民党 政治資金問題で決定打を欠き「戦う野党」見えず(毎日新聞)
島の都議補選、民主・自民の大物が続々現地へ(読売新聞)
「大黒の芝」記載、平城宮跡と認識の史料(読売新聞)
スポンサーサイト

民家火災で2人死亡=妻と長女か-横浜(時事通信)

 23日午前6時ごろ、横浜市瀬谷区阿久和西の会社員鈴木誠二さん(44)方から出火し、木造2階建て住宅が全焼した。約2時間後に鎮火し、焼け跡から2遺体が見つかった。神奈川県警瀬谷署は、連絡が取れなくなっている妻(39)、長女(11)とみて確認を急ぐとともに出火原因を調べている。
 同署によると、鈴木さん方は4人家族。長男(14)も逃げる際にやけどをして病院に搬送された。鈴木さんは当時、仕事で不在だった。 

【関連ニュース】
民家全焼、姉妹死亡=就寝中出火か
「家族殺す」と女子中生脅す=容疑で大学生逮捕
たき火不注意で書類送検=山林火災に
桑田元投手の父、火災で死亡=誕生日に住宅全焼
住宅など13棟焼く、1人軽傷=ストーカー殺人の被害宅も

新たに無職男を逮捕=女性遺体遺棄事件-兵庫県警(時事通信)
総予算215兆円に膨張=来年度案を国会提出-政府(時事通信)
小沢氏聴取 自民、一気に攻勢 「理解不能」(産経新聞)
<2次補正予算案>自民は反対方針(毎日新聞)
一宮西病院の身体拘束「違法でない」…最高裁(読売新聞)

「あなたは反省してるんですか!」声を荒らげる弁護側(産経新聞)

【足利再審 元検事語る(7)】

 《宇都宮地裁で開かれている足利事件の再審第5回公判。菅家利和さん(63)を取り調べた森川大司・元検事の証人尋問が続く。18年前の取り調べで菅家さんから「虚偽の自白」を引き出したことについて、弁護側の追及はさらに厳しさを増していく》

弁護側「平成4年12月8日に(菅家さんが)自白したことは虚偽だったわけですが、証人を含め、検察側は絶対的な間違いをしたことになりますね。正しいことをしたと思ってるわけですか?」

森川元検事「12月8日の否認供述は、当時のほかの証拠関係からして、自分の罪を免れるためだと思ったのです」

弁護側「今になってみて、どう思うんですか。無実の人の話に耳を傾けないで、罪を負わせたこと。あなたは反省しているのか」

森川元検事「再審が開始したことは分かっているが、当時の証拠が誤っていたかどうか。再審の証拠関係について、私は分からないのでお答えのしようがない」

弁護側「証人は、12月8日の取り調べで『君と同じ体液持ってる人が何人いると思ってんの?』と言って菅家さんを黙らせた」

森川元検事「別に黙らせたわけではない」

弁護側「菅家さんは、お兄さんあての手紙で『DNA鑑定は間違っている。もう一度調べてほしい。絶対にやってない』と訴えている。あなたは当時、この手紙に目を通していますよね」

森川元検事「覚えていません」

弁護側「平成4年の段階でDNA型の再鑑定を行っていれば、菅家さんは無実の罪を着せられなかったのではないですか」

森川元検事「それは分かりません」

 《あくまでも、当時の捜査の在り方を否定しようとしない森川元検事。弁護側は、質問を2つの別件を不起訴にした理由に移していく。切り口を変えて、別の答えを引き出そうという狙いだ》

弁護側「平成5年2月に別件事件を不起訴にした理由は?」

森川元検事「当時の証拠関係などを判断して…」

弁護側「嫌疑不十分ですね?」

森川元検事「はい」

弁護側「別件について不起訴にしたのは、テープを録って慎重に検討したからですね。本件の検討は慎重さに欠けたということですね」

森川元検事「いいえ、慎重に検討しました」

弁護側「菅家さんが、自白した理由を「警察の取り調べが怖かったから」と言ったのを覚えていますか」

森川元検事「言ったかもしれないけれど、私はそこまでは…記憶にないです」

弁護側「菅家さんが公判で全面否認に転じたとき、菅家さんのした話が頭をよぎりませんでしたか」

森川元検事「分かりません」

弁護側「公判で、菅家さんは、裁判官に『無実なのにどうして自白したのか』と聞かれ、『反省して…』と言った。無実なのに反省するという、矛盾したことを言ったわけです。こう言ったのは、証人が『法廷で反省の色を見せないと…』と言ったからではありませんか? 菅家さんは『法廷で否認したら死刑になるかもしれない』とあなたに思い込まされていた。この問答を聞いても何も思いだしませんでしたか?」

森川元検事「覚えていません」

弁護側「菅家さんが(平成5年1月28日の)第7回公判で再び自白したのは、あなたが『法廷で否認したら、反省してないと思われて死刑になる』と言ったからじゃないですか」

森川元検事「…」

 《弁護側は、さらに、菅家さんの話に耳を傾けず、菅家さんが犯人との前提で取り調べを続けた森川元検事を問いただす》

弁護側「公判で菅家さんが否認に転じた後、証人は、論告で『被害者に対する真摯(しんし)な反省の態度が認められない。被告人は社会的に危険』と述べている。菅家さんは無実と分かった今、あなたは反省していますか」

森川元検事「今の証拠関係は分からないので、当時の証拠関係を前提に判断したまでです」

弁護側「自分自身は反省しなくていいのか」

 《弁護側の質問に、検察官が異議を唱えると、弁護側は「あなた方は証人をかばうのか」と反論。この言葉は、裁判長からもとがめられ、質問を変える》

弁護側「『自分は無実だ』と(当時の)弁護側に訴えた平成5年5月31日の手紙の中で、(菅家さんは)『当日、本当は自分はこうしていた』ということを書いている。これは菅家さんが平成4年12月7日にあなたに話したことと完全に一致している。この手紙を読んだときに、自分が12月7日に聞いた話と同じだと思わなかったのか?」

森川元検事「手紙を読んだかどうか分からない」

弁護側「5月31日の手紙で、(菅家さんは)『事件当時、自分は借家にいた』と書いた。それをあなたは、(平成5年6月24日の第10回公判での)2度目の論告で、『借家にいたことは5月31日になって初めて言い出したことだから、偽りだ』と言ったでしょう?」

森川元検事「そうですか?」

弁護側「あなたはまじめさに欠けてるじゃないですか!」

森川元検事「私を威嚇してるんですか?」

裁判長「威嚇的です。冷静に」

 《森川元検事の受け答えに興奮する弁護側に、冷静になるように声をかける裁判長。激しいやり取りは続いた》  =(8)に続く

ひったくり容疑で少年ら3人逮捕 デジカメや携帯はリサイクルショップに転売(産経新聞)
焼肉店主射殺の元従業員、差し戻し控訴審も無期懲役判決(産経新聞)
ハイチ大地震 現地で活動、熊谷さん帰国「水と食糧必要」(毎日新聞)
小沢氏の公設秘書、大久保被告の西松献金事件公判を延期 (産経新聞)
<普天間移設>官房長官「地元の合意、必ずしも必要ない」(毎日新聞)

警察官の長男、父親の拳銃で自殺か 岡山の駐在所(産経新聞)

 21日午後4時半ごろ、岡山県新庄村幸町の真庭署新庄駐在所で、勤務する巡査部長(55)の高校1年の長男(16)が頭から血を流して倒れているのを巡査部長が発見した。長男はまもなく死亡が確認された。

 県警によると、長男は駐在所居宅部分の自室のベッドで倒れており、手元には巡査部長の拳銃があった。部屋は外から開かない状態だったといい、自殺を図った可能性があるとみて調べている。

 拳銃は通常、勤務時以外は駐在所内の保管庫に鍵をかけて管理していたといい、当時の管理状況などについても詳しく調べている。

【関連記事】
引きこもり38歳殺害の父「妻の介護に疲れ死ぬつもりだった」
インプラント使い回し疑惑の歯科医、自殺図り搬送
声優の郷里大輔さん自殺か 「キン肉マン」ロビン役
京都駅近くのホテルで硫化水素自殺か、男性が意識不明
山手線1時間ストップ 東京駅で飛び込み

使用済みインプラント、別人に使い回しの疑い(読売新聞)
「面接で着るスーツなくて…」万引き男逮捕(読売新聞)
ハイチ大地震 医療援助で160人に派遣命令 北沢防衛相(毎日新聞)
<イカ型ロボ>小型軽量化した新型2種が完成(毎日新聞)
レーザー光で顔の染み抜きは医療行為 エステ店経営者ら逮捕(産経新聞)

<大地震>「備えなし」が急増 07年13%→09年24%(毎日新聞)

 大地震に備えた対策を特に取っていない人は24.2%と、07年10月に行った調査の13.5%から増加したことが、内閣府の「防災に関する特別世論調査」で分かった。水や食料、医薬品などを備蓄している人も微減となっており、防災意識が薄れている傾向がうかがえる。

 調査は09年11~12月、全国の20歳以上の男女3000人を対象に実施し、1944人から回答があった(回答率64.8%)。携帯ラジオ、懐中電灯、医薬品などを準備している人は56.7%で、前回に比べ2.2ポイント減少。食料や飲料水を準備している人も33.4%と、前回から2.6ポイント減った。

 住宅の耐震補強工事の実施予定がない人は65.5%(前回比8.4ポイント減)に上り、依然として高い。予定がない理由は「お金がかかる」50.6%(同8.7ポイント増)、「必要性を実感できない」22.1%(同5.8ポイント減)などだった。家具や冷蔵庫などを固定している人は26.2%(同1.9ポイント増)と、微増にとどまった。

 内閣府は「前回調査の年には能登半島地震や新潟県中越沖地震があったのに対し、最近は大地震が少なく、防災意識が低下した可能性もある。備えの重要性を引き続き訴えていくしかない」としている。【福永方人】

【関連ニュース】
【写真特集】ハイチ大地震 石の街が粉々に
【写真特集】阪神大震災 ビルが、高速道路が…
【写真特集】岩手・宮城内陸地震 山が、川が…
ニュースがわかる 日本に地震はなぜ多い?
備える:地震の基礎知識/4 揺れの周期

総選挙、公正に実施=ミャンマー外相(時事通信)
寛平さんも…増える前立腺がん 食生活の肉食化が要因 遺伝的側面も(産経新聞)
親権一時停止を提言=虐待防止へ民法改正-法務省研究会(時事通信)
「小沢先生へ 畳の部屋」=4億円返済、手帳に記載-元秘書、捜索で押収・東京地検(時事通信)
少年らの氏名、HPに誤掲載=万引きで摘発49人分-愛媛県警(時事通信)

小沢幹事長 「捜査に協力し国民理解得たい」(毎日新聞)

 民主党の小沢一郎幹事長は18日、福井市内で記者会見し、政治資金規正法違反容疑で元秘書の石川知裕衆院議員らが逮捕された事件に触れ、「できる限り、公正な捜査に協力しながら、早い機会に国民が理解できる結論を得て参院選へ臨みたい」と述べた。今夏の参院選の勝利に向け全力を挙げる姿勢を強調した。また「これだけメディアの情報量も多く、批判をいただけば、参院選に影響が出てくることはあると思う」との見方も示した。【念佛明奈】

【関連ニュース】
鳩山首相:検察捜査に介入せず 改めて幹事長続投を容認
小沢幹事長:厳戒態勢のなか長崎で集会に出席
虚偽記載:「代表選を意識」石川議員、小沢氏出馬に配慮
虚偽記載:「大久保秘書に報告」石川議員、認める供述
小沢幹事長続投:「検察とどうぞ戦って」首相、一蓮托生

石川議員逮捕「代表として遺憾」…党大会で首相(読売新聞)
外国人参政権、全力で阻止=自民有志(時事通信)
ペットめぐる口論で女性刺す? 殺人未遂容疑で会社員を逮捕(産経新聞)
鳩山首相、外国人参政権「合意形成目指す」(産経新聞)
滋賀・草津にイチゴ香る商店街 立命大構想 空き店舗に栽培工場(産経新聞)

<ロゴマーク>「YOSAKOIソーラン祭り」トラブル(毎日新聞)

 YOSAKOIソーラン祭り組織委員会は18日、今年の祭りで使用するロゴマークについて、96年の第5回まで使用した古いロゴを採用すると発表した。ロゴの商標権の所有者で祭り創始者の長谷川岳氏=自民党衆院北海道1区支部長=と商標権の譲渡交渉が決裂したのが原因。

 組織委員会や長谷川氏によると、昨年までのロゴは長谷川氏が組織委員会に通常使用権を無償貸与していたが、党支部長を務める長谷川氏は候補者と同じ扱いを受けるとして、昨年11月、総務省から「無償貸与は公職選挙法で禁止する寄付行為に当たる」と指摘された。また商標権の10年期限が同月末で切れることから、長谷川氏は費用約250万円を支払い、商標権を更新。両者が取り扱いを協議してきた。

 組織委員会は昨年末、600万円で商標を譲り受けると提案したが、長谷川氏が「譲渡対価は大きくかけ離れている。譲渡対価が高すぎても安すぎても公選法に抵触するので、600万円は安すぎると認定される」として拒否。組織委員会は今月14日、理事会でこれまでのロゴの使用の取りやめを決めた。【仲田力行】

【関連ニュース】
選挙:09衆院選 当選者と確定票 小選挙区・北海道
選挙:09衆院選 開票結果と当選者一覧 小選挙区・北海道
選挙:参院選 3人立候補辞退も、7人選考は崩さず--自民党道連 /北海道

「海賊母船か? 」一時緊迫=上空警戒、P3C飛行公開-ソマリア沖(時事通信)
子ども手当など61法案を提出へ 通常国会で政府(産経新聞)
「コンクリから人」不適切…土木学会など批判(読売新聞)
<戦艦大和慰霊碑>立て替えず修復 鹿児島・伊仙町が募金窓口に(毎日新聞)
谷垣氏が首相追及へ=衆院予算委で本格論戦スタート(時事通信)

62歳男性、縛られ4日以上放置 25万円など盗まれる 群馬(産経新聞)

 15日午後7時15分ごろ、群馬県伊勢崎市東小保方町の民家で、この家に住む無職の男性(62)が粘着テープで両手足を縛られ、目や口もふさがれて倒れているのを弟(60)が発見した。4日以上この状態で放置されていたとみられ、脱水症状を起こして衰弱しているが命に別条はないという。男性は室内から現金約25万円などが盗まれたと説明しており、伊勢崎署は強盗事件として捜査している。

 伊勢崎署の調べでは、男性は11日午前、インターホンが鳴ったため玄関ドアを開けたところ、男にカッターナイフのようなもので脅されて両手足を縛られたという。

 男は電話線を切断し、玄関を施錠して逃走したとみられる。男性は1人暮らしで、連絡が取れないため訪問した弟に発見されるまで何も口にしていなかったという。伊勢崎署は男性の回復を待って、さらに詳しい状況を尋ねる方針。

予算繰越制度の運用改善=使い切り慣行を排除-財務省(時事通信)
山口・防府豪雨から半年 重源教えの湯、再開へ 住民らが石風呂復旧 (産経新聞)
北澤発言でまたまた露呈 鳩山政権の閣内不一致(J-CASTニュース)
コンビニ強盗を偽装、現金盗む=約18万円、店員ら逮捕-奈良県警(時事通信)
「のぞみ」を退く新幹線車両500系のバームクーヘン、20日から発売(産経新聞)

<将棋>久保が羽生破る 王将戦第1局(毎日新聞)

 徳島県鳴門市の大塚国際美術館で15日から行われた第59期王将戦七番勝負の第1局(毎日新聞社、スポーツニッポン新聞社主催、同美術館、大塚ホールディングス協賛、徳島新聞社など後援)は16日午後7時1分、117手で挑戦者の久保利明棋王(34)が羽生善治王将(39)を破った。残り時間は久保4分、羽生2分。第2局は28、29日、栃木県大田原市のホテル花月で行われる。

【関連ニュース】
【棋譜で振り返る】王将戦第1局の全局面
将棋:久保が桂得 羽生反撃 王将戦第1局
将棋:初日から激戦に突入…王将戦・第1局
将棋:久保が三間飛車 王将戦第1局
将棋:王将戦開幕 久保が先手番

2次補正への賛成表明=景気深刻、早期成立が必要-公明政調会長(時事通信)
漁獲規制でマグロ高騰?鮪部長の表情曇る(読売新聞)
ターミナルレーダーに障害=発着便に影響-羽田空港(時事通信)
輸入新型インフルワクチンを特例承認へ―厚労省(医療介護CBニュース)
高速道路にサバ14トン散乱=トレーラーの積荷が落下-大分(時事通信)

<脱税低額宿泊所>入所者、月1~4万円で調理・事務担当(毎日新聞)

 生活保護受給者向けの無料低額宿泊所を運営する任意団体「FIS」の実質運営者ら幹部3人が、所得税法違反容疑で名古屋地検に告発された問題で、FISが宿泊所の入所者に、月額1万~4万円で調理や事務を担当させていたことが分かった。施設の人件費を最低限に抑える一方、一部の幹部が巨額の報酬を得る構図が浮かび上がった。

 FISは入所者が毎月受給する約12万円の保護費の中から、9万円前後の利用料を徴収している。食費や施設賃貸料、施設の人件費などを支払った残りが幹部の所得になっていたとみられる。

 埼玉県内にあるFISの宿泊所の入所者や元入所者の男性によると、宿泊所では食事の調理を担当する「厨房(ちゅうぼう)係」や、施設長の業務を補助する「班長」として入所者が働いていた。

 厨房係は4人程度が交代制で担当、働く日数に応じて毎月「給料」が支払われていたが、多い場合でも月額4万円、少ない場合は1万円程度だった。班長は入所者が夜間に部屋にいるかどうかをチェックしたり、施設長らの指示を受けて備品を運ぶなど雑務をこなしていたが、給料は月約1万~2万円だった。厨房係も班長も他の入所者同様、生活保護費から利用料を支払っていた。

 入所者の一人は「厨房で働き始めた当初は週5日働いて1万5000円だった。朝から晩まで拘束され、就職活動もできないのに、1日当たりの収入は1000円に満たない」と明かした。

 一方、横浜市内の宿泊所に入所していた男性は、施設内の事務所で働き、金銭管理などを任されていた。男性は「手当として月1万5000円しかもらえなかった」と証言。施設には外部から採用された住み込みの男性職員がいたが「月給4万円で保険証もないので病院にもいけない」となげいていたという。

【無料低額宿泊所取材班】

【関連ニュース】
無料低額宿泊所:実質運営者ら脱税容疑 5億円の所得隠す
脱税容疑:左官会社「フタ村」が4500万円 国税局告発
所得隠し:ミサワホーム創業者8億円 東京国税局が指摘
日産:600億円申告漏れ 国税指摘 「不服」と審査請求
所得隠し:矢作建設工業が2億9千万円 名古屋国税局指摘

立ちはだかり、つきまとい…執拗な客引き容疑で3人逮捕 東京・町田(産経新聞)
大豆のゲノム解読=品種改良など応用期待-日米チーム(時事通信)
ヤミ移植仲介業者との関係調査を各大学に要請―長妻厚労相(医療介護CBニュース)
民主、広がる動揺=小沢氏進退、口つぐむ(時事通信)
<3人殺害事件>中国人被告に死刑求刑 大阪地裁公判(毎日新聞)

口座から出金3億円=小沢氏「土地購入に充当」-1億円不足、真偽を捜査・東京地検(時事通信)

 小沢一郎民主党幹事長の資金管理団体「陸山会」の土地購入をめぐる事件で、小沢氏が購入資金を引き出したと説明した口座から、購入6年前に約3億円が出金されていたことが18日、関係者の話で分かった。衆院議員石川知裕容疑者(36)は「小沢氏から4億円の貸し付けを受けた」と供述しており、小沢氏側の説明が事実でも、1億円近くの原資がなお不明なことになる。
 東京地検特捜部は、金額が一致せず、6年間も現金で保有していたことも不自然とみて、この3億円が土地購入に充てられた可能性は低いとみており、改めて原資について説明を求める必要があると判断、小沢氏に事情聴取を再要請した。
 小沢氏は16日の党大会で、土地購入代に充てた4億円の原資について、「積み立ててきた個人の資金」と説明。特捜部に対し、金融機関と支店名を伝えたとした。
 石川容疑者の弁護人も、4億円は小沢氏からの貸し付けだったとした上で、「(小沢氏の)父親から相続して信託銀行に積んであった資金を、約10年前に引き出し、小沢氏の自宅に置いてあった」と説明している。
 関係者によると、特捜部がこの口座を調べたところ、土地購入の約6年前の1998年ごろ、約3億円が引き出されていたという。
 特捜部は土地購入代には、ゼネコンからの資金が含まれるとみており、3億円の個人資金がどのように使われたのかについて、捜査を進めているもようだ。 

【関連ニュース】
「大政翼賛会」は続かない~民主・渡部元衆院副議長インタビュー~
「小沢独裁」は作られた虚像~民主・輿石参院会長~
労組への配慮で公務員制度改革「封印」の危機
民主党と財務省の「一体化度」を検証する
「普天間」「習近平」「献金」で囁かれる「鳩山政権短命説」

外国人参政権は三党合意ではない亀井金融・郵政改革担当相(レスポンス)
<鳩山首相>気分転換 昼食は一般客に交じって順番待ち(毎日新聞)
<与那国町長>陸自部隊配備を要望 防衛相「検討課題」(毎日新聞)
首相、阪神・淡路大震災式典出席を発表(産経新聞)
羽田空港 管制に障害 欠航や遅れ 成田と一元化の初日(毎日新聞)

幸せを呼ぶ黄色 埼玉・宝登山でロウバイがみごろ (産経新聞)

 埼玉県長瀞(ながとろ)町の宝登山(ほどさん)でロウバイが黄色い花を咲かせている。例年に比べて10日ほど早く開花し、日照時間の長い山頂西側では斜面一面に咲き乱れている。多くの観光客が写真を撮ったり、甘い香りを満喫していた。

【関連記事】
夏は観光に最適 W杯期間中は南ア航空が大幅増便 
紅葉ロングラン 乱高下の秋 1週間ごと寒←→暖
イチョウ並木のトンネル 国営昭和記念公園
北野天満宮で紅葉ライトアップ、夕闇に赤や黄色のモミジ
京都・嵐山で紅葉が見ごろに

派遣村200人超が2万円持ち去りか…支給後に所在不明(スポーツ報知)
<癒やしロボ>介護に活躍 呼び掛けに反応、お年寄り笑顔(毎日新聞)
チン出し世界配信!36歳男ブログで全裸生活中継(スポーツ報知)
「日本の裏社会は…」阿久根市長また問題ブログ(読売新聞)
<成人の日>各地で逮捕騒ぎ、今年も…暴力、飲酒、信号無視(毎日新聞)

<桜井茶臼山古墳>発掘成果紹介の速報展始まる(毎日新聞)

 国内最多の銅鏡が確認された奈良県桜井市の桜井茶臼山古墳(3世紀末~4世紀初め)の発掘成果を紹介する速報展「再発掘 桜井茶臼山古墳の成果」が13日、橿原市畝傍町の県立橿原考古学研究所付属博物館で始まった。三角縁神獣鏡(さんかくぶちしんじゅうきょう)など銅鏡78枚の破片のほか、水銀朱で赤く染まった石室の石など18点が展示され、考古学ファンが熱心に見入っていた。

 卑弥呼(ひみこ)が中国・魏から鏡をもらったとされる「正始元年」(240年)の銘文の一部が入った銅鏡片も並べられた。神奈川県秦野市の主婦、吉川和子さん(62)は「鏡を卑弥呼が使ったかもしれないと思うとロマンを感じる」と興奮気味に話した。

 31日まで。月曜と19日は休館。入館料は大人400円、高校・大学生300円、小中学生200円。【高島博之】

【関連ニュース】
桜井茶臼山古墳:副葬銅鏡が81枚に 卑弥呼時代のものも
平城遷都1300年祭:開幕イベント 奈良県内4会場で
平城宮:ごみ焼却跡見つかる 「そのまま埋設」定説覆す
堂ノ後古墳:国内最古でなかった 築造時期が判明
高松塚古墳:発掘直後、36年前撮影のカラー8ミリ発見

恋するセレブ
jack pot
観葉植物日記
ラーメン博士
よしのぶのブログ

離婚めぐり逆恨みか=犠牲者は計3人に-死亡の容疑者・大阪居酒屋発砲(時事通信)

 大阪府羽曳野市河原城の居酒屋「いーちゃん」で大阪市環境局職員杉浦泰久容疑者(49)が店にいた男女3人に発砲後、自殺した事件で、同容疑者は妻との離婚調停をめぐり、殺害した義母の田中美子さん(66)を逆恨みして一方的な怒りを募らせていた可能性があることが13日、近所の住民の証言などで分かった。また、重傷で病院に運ばれていた店2階に住む大家の上原浩人さん(49)が同日未明に死亡、事件の犠牲者は3人になった。
 近所の住民からは「義母に離婚を迫られ、怒っていた」との証言もあり、府警羽曳野署は杉浦容疑者の動機の背景に離婚トラブルがあるとみて、周囲の関係者から事情を聴いている。 

【関連ニュース】
〔写真特集〕多発する銃犯罪
居酒屋で男が発砲、3人死亡=義母ら撃つ、離婚トラブルか
警官がイノシシ射殺=車にひかれ逃走、2人軽傷
神戸、大阪で貴金属店襲撃か=強盗容疑で2人逮捕
ティファニー強盗、映像公開=女性に案内依頼、飲食も

Shock Hearts
かなめのブログ
無料携帯ホームページ
ショッピング枠現金化
クレジットカードのショッピング枠を現金化

インフル患者、減少続く=休暇の影響も-感染研(時事通信)

 昨年12月28日から今月3日までに全国約5000カ所の医療機関から報告されたインフルエンザ患者は、1カ所当たり10.22人で、前週の19.63人から大幅に減少したことが12日、国立感染症研究所の定点調査で分かった。減少は5週連続。ただし、感染研は「冬季休暇期間で、大半の医療機関で休診日が多かったことも関連している」とみている。
 1週間の受診患者は推計約63万人で、夏以降の累積は推計約1816万人。検出されるウイルスは依然ほとんどが新型。 

【関連ニュース】
この冬どうなる?インフル流行=新型減少も予断許さず
インフル患者、3週連続減=いったんピーク過ぎる
新型インフル輸入ワクチン、従来と異なる製法=副作用懸念の声も
インフル「ピーク過ぎつつある」=患者、2週連続減少

kmwrj3fmjrのblog
ビッグマウスのリアルライフ
無料携帯ホームページ
債務整理・自己破産
ショッピング枠現金化

<人事>法務省(6日)(毎日新聞)

 法務省(6日)大阪地検検事正(最高検公安部長)小林敬

カチワリ日記
k1g8yvjvのブログ
現金化口コミ
出会いランキング
現金化

鳩山首相おひざ元でボスヒグマが政権運営苦戦(スポーツ報知)

 鳩山由紀夫首相のおひざ元(衆院北海道9区)、登別市の「のぼりべつクマ牧場」で、昨夏に首相とほぼ同時期に18代ボスに就任したヒグマ「ゲンキ」(雄、9歳)が“政権運営”で苦戦中だ。

 飼育員を17年間務める鳴海誠さん(39)は「まだまだ頼りない」。ゲンキは生後間もなく、北海道愛別町の路上で保護され、同牧場で順調に成長。毎年5~7月の発情期に、威嚇行動の観察などでボスを決定しており、ゲンキは体長2・2メートル、体重約390キロの巨体を生かし、昨年7月に約100頭の頂点に立った。

 しかし、偽装献金問題などに揺れる鳩山首相に影響されてか?ゲンキも次第に力不足が目立ってきた。「友愛」を掲げる鳩山首相とは違い、ゲンキは周囲を力でねじ伏せる「剛腕」タイプ。けんかの仲裁や巡回行動などボスの役割を果たせておらず、自分より弱いヒグマにも暴力を振るうなど気が荒い。鳴海さんは「リーダーとしては精神的に弱い。いつも力まかせで、鳩山さんより小沢(一郎)さん(民主党幹事長)タイプ」と分析する。

 “本家”の永田町と同様、近年は短命政権の傾向が強い。歴代最長の9年の在位を誇り、08年に降板した「マツ」の後を継いだ「サチオ」は、わずか1年でボスの座をゲンキに奪われた。7月の参院選と同時期に、次のボス決定戦が行われる。鳴海さんは「全体的にリーダータイプがいない」と頭を抱えながら「牧場の政権安定のため、自覚を持った名ボスになってほしい」と期待を寄せている。


 【関連記事】
鳩山首相の幸夫人に異例のSP警護
谷垣総裁、鳩山ツイッターを「ごまめの歯ぎしり」
鳩山首相、補佐官に「事業仕分け」統括役の枝野氏
藤井財務相が辞任、後任は菅副総理
鳩山由紀夫 北海道9区 登別市 を調べる

ゆきひこのブログ
マイカレンダー
競馬サイト
現金化口コミ
クレジットカード現金化 比較

<環境省>毒ガス弾の可能性のある2発を発見 千葉の調査で(毎日新聞)

 環境省は7日、千葉市稲毛区長沼原町の農場で旧日本軍のものとみられる砲弾3発を発見したと発表した。うち2発は毒ガス弾の可能性が高いという。現場付近は旧陸軍の演習場があり、07年に毒ガス弾とみられる砲弾4発が見つかったことから、同省が7日から砲弾が埋もれている可能性がある207カ所の掘削調査を始めていた。

 同省によると、7日に発見された毒ガス弾とみられる2発のうち、1発は皮膚の水疱(すいほう)や目の痛み、呼吸困難を招く「びらん剤」、もう1発は激しいくしゃみを引き起こして兵士の戦闘能力を奪う「くしゃみ剤」を含有していたとみられる。深さ約30センチの土中で見つかり、砲弾の外に毒物は確認されていなかった。

 7日の調査は3カ所を掘り起こし、各所から1発ずつ見つかった。調査範囲は約7ヘクタールで、3月末までに207カ所すべてを掘り起こす予定。【倉田陶子】

【関連ニュース】
花粉情報:来春は「少なくなる見通し」 環境省が発表
水俣病:対象地域外でも救済 一時金の額明示せず…環境省
環境省:工場のデータ改ざんに罰則 環境審小委の答申案
スギ・ヒノキ花粉:来春「少なくなる見通し」 環境省が予測
水俣病:未認定患者救済問題 69年以降除外やむなし--副環境相

しょういちのブログ
ひろしのブログ
ショッピング枠現金化
無料ホームページ
クレジットカードのショッピング枠を現金化

認知症の妻の首絞め殺害、容疑の80歳夫逮捕(読売新聞)

 認知症の妻を殺害したとして、和歌山県警湯浅署は3日、和歌山県湯浅町吉川、無職岡本俊彦容疑者(80)を殺人容疑で緊急逮捕した。

 発表によると、岡本容疑者は同日未明、自宅の寝室で妻の博枝さん(73)の首をタオルで絞め、殺害した疑い。午前4時頃、自宅敷地内の離れに住む長男の妻に付き添われ、湯浅署に自首してきた。

 岡本容疑者は博枝さんと2人暮らし。博枝さんは認知症で、昨年8月から12月まで老人福祉施設に入所していたが、12月31日に退所し、帰宅していたという。

t9db302eのブログ
たけおのブログ
ショッピング枠現金化
2ショットチャット
自己破産
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。